検索
  • bowerssocial

子供食堂・The children's cafeteria

最終更新: 7月13日


3月30日(土)にこども食堂を行いました。親子で参加してくださった方々、英会話の大人の生徒さん、ブラジルの方も大勢参加してくださり、いろいろな年代、国籍の方たち、みんな一緒に協力してお料理を作りました。お料理を通して文化の違いを体験することができ、みなさん楽しい時間を過ごして頂けました。


今回のテーマは「インド料理」です。

インドは、英語教師のヤッシュパル先生の出身国であり、レイニー先生もヨガの勉強や生徒さんを連れて何度も行っている国です。インドといえば、カレーが有名ですが、今回はサモサ、ハルヴァ、チャイを作りました。


まずは、サモサから紹介します。サモサとは、ジャガイモ、たまねぎなどをつぶした具にクミンなどの香辛料で味付けし、春巻きの皮のような小麦粉で作った薄い皮で三角形に包み油で揚げたもので、軽食として食べるそうです。今回は皮から手作りしました。小麦粉をこねるのはなかなか時間のかかる作業でしたが、こどもたちも一生懸命手伝ってくれました。包丁を使う場面はおとなたち、皮をのばしたり、材料を混ぜるのはこどもたちと、協力しあって作りました。生地を寝かしている間に中身の具を作り、三角形に包んで油で揚げます。サモサは、さくさくしていて、ほんのりカレー風味。こどもたちにも大人気!!皮で包みきれなかった中身だけを「美味しくって止まらない!」と食べていた方もいました♪


次にハルヴァです。ハルヴァとはセモリナ粉の甘いデザートです。材料を混ぜて火にかけ、金色になるまで炒めます。これもなかなか時間のかかる作業でしたが、みなさん順番で交替しながら炒めているうちにだんだんといい匂いがしてきました。どの参加者のかたも、ハルヴァは初めて聞く方が多く、どんなお菓子だろう、まったく想像がつかない、と楽しみにしていましたが、出来上がりは、クリーム色のペースト状の生地にナッツや、レーズンが入っていて、ほんのりスパイスの味がしてとっても美味しい!とみなさん感動。


どのお料理もチャイと一緒にいただきました。チャイは、今までに飲んでいたものよりも、もっとスパイスが効いていて、とってもおいしかったです。どのお料理もとっても美味しくて、笑顔があふれる幸せな時間でした。他の国の方とは、日本語でコミュニケーションをとるのが大変な方もいらっしゃいましたが、お料理を一緒にする中で自然とコミュニケーションがとれ、お料理を覚えただけでなく、とても良い文化交流ができ、たくさんの笑顔に囲まれるなかで気持ちもリフレッシュでき、素晴らしい時間がすごせたと感じる一日でした。


On Saturday March 30th we held the "Children's cafeteria". Many parents and children, adult English students, and Brazilians also participated, and people of all ages and nationalities cooperated in cooking. We were able to experience the difference in culture through cooking, and everyone had a good time.


The theme this time was "Indian food". India is the country of origin of one of our English teachers, Yashpal sensei, and Ranie sensei has been going to India to study yoga and to accompany many students. While India's most famous food is probably curry, this time we made samosa, halva, and chai.


First of all, let's talk about Samosa. Samosa is food made of crushed potato, onion, and other vegetables, and seasoned with spices such as cumin. It is then wrapped in a triangle with a thin skin made of wheat flour (like that of spring rolls) and fried in oil, even though it is considered a light meal. This time we started from the skin. Kneading the flour was a time-consuming task, but the children were very helpful. Adults helped with kitchen knives, while children were in charge of stretching the scenes and mixing the ingredients. While the dough rested, we made the filling, then wrapped it in a triangle and fried it in oil. Samosa is crispy and has a slight curry flavor. It was very popular with children! Some students ate only the left-over filling, saying, "It's delicious, we can't stop!"


Next we cooked Halva. Halva is a sweet dessert made of semolina. We mixed the ingredients and fried until golden. This was also a time-consuming task, but everyone took turns and helped frying, as it increasingly smelled good. Many of the participants were looking forward to having Halva for the first time and couldn't imagine what kind of taste it could have. The result was a cream-colored paste-like dough with nuts and raisins. It has a slight spice taste and is very delicious!


All dishes were served with chai, which was spicy and delicious. Every dish was delicious and we had a happy time full of smiles. While at first some of us struggled communicating with people from other countries, we were able to communicate naturally while cooking together. Not only we learned how to cook new delicious foods, but we also practiced English in a real life situation. We had a wonderful time through this cultural exchange filled by many smiles.

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示